株式会社ワード技研

自動車のトランスファーケースや機械歯車など、複雑な形状の現物を測定し3Dデータ化まで対応させて頂いた案件が数多くあります。2D図面作成、3Dデータ作成の実績も豊富で、3Dリバースエンジニアリングにも対応。現物を測定し(出張測定も可)2D及び3Dデータ化の実績は十分に備わっていると考えており、可能であれば現物を確認させて頂いた上で、ご相談させて頂ければと考えております。
所在地〒252-0216 相模原市中央区清新8-18-9
代表者川井秀次
資本金1000万円
従業員数40名
TEL042-775-7810
FAX042-775-2010
URLhttps://word-g.com/

詳細情報

弊社は30年以上大手自動車メーカー様とお取引きさせて頂いており、自動車プレス金型製作に関する2D図面作成、3Dモデリングデータ作成を受注しデータの納品をさせて頂いております。弊社では、CADデータ作成の実績が豊富にあり、又、2014年から3Dリバースエンジニアリングを開始し、ATOS Compact Scan 5MとATOS Core 300の2台で非接触3D測定サービスを行い、測定データのCADデータ作成は、TEBIS及びspScanを駆使し対応させて頂いております。現在では、大手自動車メーカー様以外にも数多くのお客様にサービスを提供させて頂いております。尚、測定に関しては出張測定も対応しています。

【非接触3次元測定器による、形状測定サービス】
今や、非接触3D測定は、測定器を所有していれば、誰でも測定可能です。
しかし、各測定器の特徴や精度を把握していないと、適切な測定とはなりません。
弊社では、所有している測定器の特徴を、的確に把握し、測定対象の状況や測定場所の環境等を的確に把握し、適切な精度にて、測定を致します。

【測定データからのCADデータ作成】
測定データをCADデータ化するには、高い技術力と形状認識力が、必要です。
弊社では、様々な製品の製造方法を把握する事により、製品の使用意図をデジタル化し用途に適したCADデータを作成します。
(測定データの用途)

①他社製品の形状特徴調査として、図面寸法把握や3次元CADデータより強度解析。

②ハンドメイクで作成したモックアップを製品化する為の金型用CADデータ。

③3Dプリンター用データの作成。

④古く図面が無い現物を測定し、複製向けの加工用CADデータを作成。

⑤コピー金型を作製する為の、ハンドワーク部測定及びCADデータ修正。

⑥破損した金型を修復する為の形状測定及びCADデータ作成。

等々、測定データを如何に活用するかのアイデア次第で、様々な用途に、対応する3Dデジタル技術です。

【測定データからの製品検査】
製造した製品が、設計通りの寸法で作成できているかの検査をする事が可能です。
幾何形状の検査は、ノギス等にて測定可能ですが、ノギス等では、測定できない、曲面等の検査に有効です。検査結果は、カラーマップにて表現されるので判断し易いです。

事業内容

【自動車部品の金型製作に関する、デジタル3次元設計】
1) 自動車部品のプレス成形初期検討(成形シミュレーションによるサイマルエンジニアリング)
2) プレス工程検討(工程検討及び計画図作成)
3) 3次元金型構造設計及び金型加工用NCデータ作成。
4) 非接触3次元測定器による、形状測定サービス
5) 測定データよりCADデータの作成(リバースエンジニアリング)及び製品検査。

主要製品・技術・生産品目

自動車プレスエンジニアとしての技術を提供
3Dリバースエンジニアリング

主要保有設備

CADCEUS 32台
CADmeister 2台
CATIA 3台
TEBIS 1台
spScan 1台
AutoForm 2台
ATOS Compact Scan 5M 1台
ATOS Core 300 1台
TRITOP 1台

アクセス

〒252-0216 相模原市中央区清新8-18-9

店舗・企業等の掲載内容に変更が生じる場合がございます。
営業内容等の詳細につきましては、各店舗・企業にお問い合わせください。