日本テレニクス(株)

ニホンテレニクス(カブ)


省エネ効果・断熱効果・放熱防止効果〔某食品会社設備〕
所在地〒252-0136 相模原市緑区上九沢4-2
代表者長友英治
資本金1000万円
従業員数12名
TEL042-761-7575
FAX042-761-6080
URLhttp://www.telenix.co.jp
MAILinfo@telenix.co.jp

詳細情報

SE40とは:水性特殊シリコン樹脂をバインダ としてNASA(米国航空宇宙局)開発の耐熱技術を応用した微小中空セラミックバルーンと熱反射機能顔料を併用する事によって優れた断熱効果・遮熱効果と耐久性を実現した水性常温乾燥型のコーティング材です。
SE40の特性
(1)断熱効果

(2)防音・保温・結露防止効果

(3)設備の劣化防止効果

(4)広範囲の素材に適合性があります

(5)作業性に優れています

SE40が相模湖観光案内所の屋根に採用されました

採用前

相模湖観光案内所の屋根は2面が、鋼板、2面がガラスの4面となっています。施行前の屋根は天井裏のグラスウール断熱材のビニールがボロボロで、天井裏の排気ダクトでは熱風により周辺が高温になり、ダクトは手で触れることができないほど熱くなっていました。また、冬でも屋根裏が30度を超える高温に悩まされていました。

採用後

排気ダクトの熱さがなくなり、エアコンの効果が上がりました。

カラーも相模原市緑区の指定色(若竹色)での施行を行い、観光案内所としてのイメージアップにも繋がりました。

SE40とCC100(R)が宮崎県日向市内工業団地の工場廃水処理場施設に採用されました

 

宮崎県日向市内工業団地の工場廃水処理場の処理施設は、膜分離活性汚泥法を採用しているため、毎年11月?3月にかけ水温が低下し、Ca有機物付着による膜の閉塞(処理量低下)で、21年度、22年度ともに、7日間(計14日間)の工場稼働停止が発生、多大な損失を生じました。

このような損失を防止するため、ブロワー散気配管(鋼管)と配水管(塩ビ管)の温度に着目、各配管とタンクの断熱塗料による保温・断熱を検討しました。

種々検討、評価テストの結果、セラミックカバーCC100とセラミックコートSE40を採用することとなった。

採用後の効果

CC100は、プライマーなしで塗れること、SE40は指定色でも高反射率塗料であったことから、CC100を2回塗り、SE40を1回塗りした結果、非常に良い効果を得ることができました。

夏場の配管は、手で触れることができないほど熱くなり、冬場は水温が低温になりすぎていたが、塗装後は保温性も断熱性もよく、平均水温10.7℃だったものが16.6℃となり、6℃の保温効果が得られました。

また、水温の急激な変化も抑えることができ、安定した処理を実現させることができました。塗装後の工場稼働停止日は0日となりました。

断熱効果・耐用年数大幅延長効果〔セイコ エプソン工場屋根〕

事業内容

◇トランス事業部
情報通信機器・端末機器・計測機器・照明機器・産業機器向けの各種薄型・小型トランスの設計・製造・販売
◇環境事業部
(1)断熱塗料及び二次製品の開発 (2)省エネ対策やCO2を削減して温暖化対策に貢献すべく『塗料型断熱材』の施工及び材料販売と施工指導 (3)アスベスト対策のトータルサポートをご提案、安全な環境確保に貢献します

主要製品・技術・生産品目

◇トランス事業部
各種小型トランス・薄型トランスの設計製造販売
◇環境事業部
商品名 SE40 SE40W CC100 CC200は(1)夏の太陽熱や冬の寒気の放射熱を反射特性を活かし、工場や住宅などの屋根・壁に塗布、夏は涼しく、冬暖かい快適な室内環境を実現します (2)設備の熱源の熱を伝導しにくくする特性により炉体や配管・プラント類等の保温・保冷、火傷防止、結露防止を目的に塗布されております

主要保有設備

(1)CNC自動巻線機 41台 (2)CNCテ ピング機 12台 (3)ツイスト機 16台 (4)自動半田機 6台 (5)巻線総合試験機 18台 (6)アナライザー 3台 (7)LCRメーター 12台 (8)ビデオマイクロスコ プ 2台 (9)周波数変換機 2台 (10)膜厚計 2台 (11)温度計測器 26台 (12)データーロガ 6台 (13)塗装機 6基

アクセス

〒252-0136 相模原市緑区上九沢4-2

神奈川県相模原市緑区上九沢4

更新履歴

2012.09.12

メッセージを変更しました。


各企業・店舗に関する内容的なお問い合わせは、下記お問い合わせページからではなく、直接各企業・店舗等の連絡先にお願いいたします。