有限会社山内エンジニアリング

ユウゲンガイシャ ヤマウチエンジニアリング


円筒部内径へ凹凸横溝やめねじをプレス加工

プレス絞り品の円筒部内径にOリング用横溝やめねじが必要な場合、従来は2次加工として切削加工を必要としていましたが、弊社の独自開発工法はそれをプレス加工で簡単に実現できます。
所在地〒252-0244 相模原市中央区田名2327-2
代表者代表取締役 山内 章
従業員数5名
TEL042-713-1980
URLhttps://jgoodtech.smrj.go.jp/corporations/5670?locale=ja

詳細情報

車載用モーターケース等の高精度絞り金型(ベアリング部真円度0.01 同軸度0.03レベル)の設計・製作では国内トップクラスです。
また、切削品、ダイキャスト品のプレス化や工程短縮、歩留り向上へさまざまな提案をしています。

「円筒絞り部品内径溝のプレス工法」や「密閉容器用Oリング溝成形工法」で平成28年度サポイン事業に経済産業省より採択され、その開発を3年計画で進めながら関連技術の特許も出願している提案・開発型の企業です。

金型づくりの「プロ集団」を自負しており、従業員それぞれが金型の設計から機械加工・組上げ・トライ・調整・寸法測定・顧客との技術打合せの一連の工程を一人でこなすことができます。複雑で多工程が求められる金型づくりに自信があり、国内外の大手プレスメーカーでも二の足を踏む厳しい形状、寸法が要求される超精密部品向けについての実績が多数あります。

超高精度モーターケース

車載用の操縦系に使う高精度モーターケースです。
真円度0.01、各部の同軸度φ0.03、直角度0.05、板厚減少率9%以内という精度を2次加工での切削工程を排除し、プレス加工のみで実現しました。また、その量産金型は400tトランスファープレス用としてCPK1.33以上の工程能力を確保しながら現在も稼働中です。

事業内容

金属プレス用金型 設計・制作・技術コンサルティング

アクセス

〒252-0244 相模原市中央区田名2327-2

各企業・店舗に関する内容的なお問い合わせは、下記お問い合わせページからではなく、直接各企業・店舗等の連絡先にお願いいたします。