(株)レゴラスハウスが【かながわ経済新聞】に掲載されました

平成31年1月号の【かながわ経済新聞】に(株)レゴラスハウス(南区東林間8-7-9)が紹介されました。

■【産業あるある情報】 (株)レゴラスハウス

大切なワンちゃん 年中無休で預かります

愛犬の死とペットロスを乗り越えた女性が起業し、大切なワンちゃんを24時間365日預けられる「レゴラスハウス」(相模原市南区東林間、TEL042.705.1637)をオープンさせた。ペットと一緒のお出かけをサポートする「ペットタクシー」も始めた。

ペットタクシーも開業

ペットホテルや動物病院は、ペットを預けられたり、引き取れたりする時間帯が「営業時間内」というのがほとんど。シニア犬や療養中の犬の預かりを敬遠されることもある。同店はこうした条件が一切なく、半日から半年以上の長期滞在まで対応する。

「犬と人とのワンだフルライフをサポートしたいと起業しました」と、店を1人で運営する渡邉亜矢子社長。起業のきっかけは愛犬・レゴラス君の死。前庭疾患と肝臓がんを抱え、年齢とともに介護が必要になった。

ただ、当時勤務していた設計会社での仕事が忙しくて休めない。

「ワンちゃんがいくら大切な家族であっても、会社の『介護休暇』には適用はされません」と渡邉社長。かといって、ペットホテルや病院は営業時間内でないと引き取ってもらえなかった。

ペットロス乗り越え起業

結局、レゴラス君を看取ることもできずペットロスが続いた。そうして「自分と同じような思いをした人の力になりたい」と昨年会社を退職し、同店を始めた。店は年中無休。料金は日帰り(8時間、小型犬)の場合、2500円。長期滞在になれば割引になる。ペットタクシーは片道5キロ2500円から。

渡邉社長は「ペットが預けられなかったり、一緒にお出かけできなかったりと、困っている人はたくさんいます。その人たちにとって頼れる存在になりたいです」と話している。

(かながわ経済新聞1月号4面掲載)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。