(株)東鈴紙器が【かながわ経済新聞】に掲載されました

平成30年1月号の【かながわ経済新聞】に
(株)東鈴紙器 (中央区小町通2-10-17)が紹介されました。

■【産業あるある情報】(株)東鈴紙器

幼児向け 段ボール製「絵本ラック」

東鈴紙器(相模原市中央区小町通、TEL042.774.0488)は、段ボールを使った幼児向け家具の商品ラインナップに、新たに
幼児向けの「絵本ラック」を追加した。絵本などを収納するのに役立つもので、5~10分ほどで組み立てられる。運営する
直販サイト「トーレーショップ」で販売していく。
幅33×奥行き33.5×高さ23センチのコンパクトサイズ。1944円(税込)。子どもの手が届く高さの家具のため、自分自身で
絵本の整理整頓ができるよう、しつけトレーニングにも使えるという。
段ボール製で、有害な化学物質の含まれていないエコ商品。子どもがぶつかっても安全だ。処分が容易なので、成長に合わせて
使えるのもウリ。

しつけトレーニングに

このほか、3歳から使える収納ケース(ジョイント付き)や本棚、ハンガーラックなどを商品化しており、いずれも直販サイトで
販売している。「いずれ成長して本物の家具を買う前の練習としても使えます」と、同社の西出英子さん。今後、年間5アイテム
ほどの段ボール製商品を開発する予定だ。

同社は、自動車部品や電機業界など向けに、製品輸送時に使う段ボールの製造販売が主力。BtoC市場を開拓する商品として、
段ボール家具を手掛けている。

(かながわ経済新聞2018年1月号6面掲載)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。