(株)東鈴紙器が【かながわ経済新聞】に掲載されました

平成28年11月号の【かながわ経済新聞】に、
(株)東鈴紙器(中央区小町通2-10-17)が紹介されました。

■【産業あるある情報】(株)東鈴紙器

東鈴紙器がアイデア製品「段ボールで秘密基地」

段ボールで秘密基地-。段ボール製造販売、東鈴紙器(相模原市中央区小町通、TEL042.774.0488)は、オリジナルの子供向け自社製品「キッズプレイハウス」を発売した。

直径約80センチ、高さ130センチ、重さ2キロ程度。ロケットのような外見をしており、この中に入って、子どもたちが”秘密基地”にできるアイデア製品だ。

「家でも子どもたちが自分のスペースが持てて、元気に遊べます」と鈴木和弥社長。段ボール素材なので、外に絵を描いたり、シールを貼ったりできる。価格は4890円(税別)。直販サイト「トーレーショップ」で販売していく。

同社は、工業製品向け輸送用ダンボールの製造販売が主力。BtoB市場からBtoC市場に新規参入するねらいで現在、オリジナル製品の子ども向けに「段ボール家具」を展開中。
0~6歳児まで、子どもの成長に合わせて商品をラインアップしている。

今回の「キッズプレイハウス」のほか、ダンボールのゆりかこ(3980円)、0~2歳までのベビーチェア・デスク(3800円)、3~6歳までのジュニアデスク・チェア(4500円)なども販売。

「段ボール家具」という新たなジャンルだが、子どもが間違ってぶつかっても安全な上、塗料などに有害物質が含まれていないため、購入者は増えているという。

(かながわ経済新聞11月号8面掲載)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。