大協技研工業(株)が【かながわ経済新聞】に掲載されました

平成30年9月号の【かながわ経済新聞】に大協技研工業(株)(本社:南区相南1-22-4)が紹介されました。

■【産業あるある情報】大協技研工業(株)

粘着製品のトータルプランナー戦隊 「ディーケージャー」結成

業務用粘着シート製造販売、大協技研工業(座間市栗原、TEL046.252.9311)は、次世代の経営を担う6人のチームを結成した。名付けて「粘着製品のトータルプランナー戦隊・ディーケージャー(DKJ)」。今年10月には創業社長から2代目の大山純平常務にバトンタッチする同社。「創業者はスーパーマンのような存在ですが、私たちは戦隊ヒーローのような組織力で勝負します」と大山常務。世代交代に向けた準備を着々と進めている。

「DKJ」は大山常務(レッド)を筆頭に、営業本部長(ブルー)、調達・管理部長(イエロー)、技術・製造部門長(ピンク)、新規営業部の次長(グリーン)、品質保証部長(司令官役)で構成。すでにイラストも制作し、社内での認知も広まりつつあるという。

組織力で勝負だ

「戦隊ヒーローは全員が主役です。それぞれに役割があり、それぞれがサポートし合うことで強いチームを形成しています」と大山常務は力を込める。
また、組織力の向上には“個の成長”が不可欠だと考えており、今後は「君もレッドを目指そう!」を合言葉に、社内委員会やプロジェクトでも戦隊ヒーローも見立てた運営をしていく。
「どの社員も、仕事をしていると大変なこと、つらいこともあります。しかし、そんな仕事の中にも達成感とともに、安らぎを感じられる職場を作っていきたいです」と大山常務。社内を盛り上げていく取り組みを、今後も次々と打ち出していく考えだ。

 


貼るだけで飛来害虫対策 特殊粘着シート発売

大協技研工業は、蛍光灯やLED(発光ダイオード)灯の近くに貼るだけで飛来害虫対策になる特殊粘着シート「影丸くん」を発売した。
飛来害虫対策では、UV(紫外線)ランプなどで寄せ付けて捕獲する装置が普及しているが、同社の「影丸くん」は粘着テープなので、電源を必要としない。
シートは厚さ75ミクロン。独自技術により、特殊粘着剤と高透明フィルムの二重構造を施した。通常の粘着テープは時間とともに固まってしまい、機能性が落ちてしまうものがあるが、同製品は粘着力が継続する。
出入り口や社員通路、非常口灯付近など、工場のあらゆる場所に貼れるという。価格は100×300ミリ(固定用テープ付き)100枚入り(1ケース)で1万5000円。
飛来害虫対策が必要な食品工場などに提案するほか、インターネット通販「アマゾン」でも販売。初年度1億円の売り上げを見込む。

(かながわ経済新聞9月号6面掲載)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。