アザエンジニアリング(株)が「かながわ経済新聞」に掲載されました

2019年12月号の【かながわ経済新聞】にアザエンジニアリング(株)(相模原市中央区鹿沼台1-9-15)が紹介されました。

■【産業あるある情報】 アザエンジニアリング(株)

”パーフェクト”のお茶を発売 サラシア含有量、最大クラス 機械設計会社が健康食品

機械設計のAZAエンジニアリング(相模原市中央区鹿沼台、TEL042.776.5175)は、糖の吸収や、食後の血糖値上昇を抑える効果が報告されているサラシア由来のサラシノール成分などを配合した健康茶「パーフェクトティー」を発売した。国内で市販されている関連製品の中でも最大クラスとなるサラシア含有量を実現。食事で糖質が気になる人などに訴求していく。

サラシアはインドやタイ原産。その中に含まれるサラシノールとコタラノールという特有成分が糖の分解を抑制し、吸収されにくいようにするという。

同社によると、現在市販されている大手メーカー製のサラシアのサプリメントは、8粒当たり0.8ミリグラムの含有量。それに対し、同商品は1リットル500ミリグラムが入っているという。このほか、マカやモリンガ、ローズヒップなど6つの成分も配合。「文字通りパーフェクトティーです」(長谷川孝社長)としている。

価格は10包(10リットル分)で税別4400円、30包で同8800円。直販のほか、美容室やエステサロンなどにも商材として扱ってもらう。

なお、同社は機械設計を主力に、遊戯施設・テーマパークの技術コンサル事業、イラストやまんがのデザイン事業、コスメティクス事業を展開。経営の多角化を進めることで、リスク分散や人材獲得にもつなげている。今回の「パーフェクトティー」は、コスメ事業部から発売した。

(かながわ経済新聞12月号6面掲載)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。