「(株)クライムエヌシーデー」が【かながわ経済新聞】に掲載されました

平成27年12月号の【かながわ経済新聞】に、 (株)クライムエヌシーデー(南区下溝1096)が紹介されました。

■【産業あるある情報】(株)クライムエヌシーデー

【プレス金型の基礎】スピード学習

プレス金型設計のクライムエヌシーデー(相模原市南区下溝、℡042-777-7333)は、小中学生でも金型の基礎技術が手軽に学べるCDソフトを発売した。
プレス加工時の金型のリアルな動きを、三次元のCGアニメーションとナレーションを使って分かりやすく解説。
“知識ゼロ”からでもスピード学習できる内容に仕上げた。

モノづくり企業をはじめ、関連する企業、支援機関や自治体の職員、学校教育などでの活用を見込む。一般社団法人・型技術協会を通じて販売していく。
価格は同協会会員と相模原市内企業に限り2万円(税別)。一般価格は3万円(同)。

収録時間は約1時間。プレス加工の基本(せん断加工、曲げ加工、絞り加工)から、プレス金型の各種事例、新しいプレス技術などの項目で構成。学習したい内容をピンポイントで再生することも可能だ。
「若い人たちのモノづくり離れが進んでいますが、金型をよく知ることで、興味を持ってもらいたいです。子どもたちに見せてほしいです」と高橋啓太社長。

ハイテン材の解説も収録

■ハイテン材の成形事例も
同ソフトは、初心者向けの内容にとどまらず、自動車の車体部品に使われるようになった高張力鋼板(ハイテン)の加工についても解説している。

強くて強度がある同材料については、自動車の技術革新によりニーズが高まると期待される。ただ、加工を手掛けている町工場は少ない。
ソフトでは、ハイテンの特性を説明。加工ポイントなど“ノウハウ部分”にも触れている。

(かながわ経済新聞12月号5面掲載)

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。