産学連携事業

産学連携スタート支援補助金制度

産学連携による研究開発や技術開発を促進するための産学連携スタート支援補助金制度を実施し、共同研究等に必要な費用の一部補助を行います。

対象

市内で1年以上継続して事業を営み、補助対象事業を市内の事業所で行っている中小企業者。なお、1年未満であっても「さがみはら産業創造センターに入居する中小企業者は対象となります。

対象事業

大学等と行う新技術・新製品開発、既存技術の高度化に関する研究テーマによる共同研究等。

  1. 共同研究
  2. 委託研究
  3. 試験・分析・技術指導

補助額

上限25万円

補助率

共同研究等に要する経費の2分の1以内。ただし、市内の大学等と共同研究等を行う場合の補助率は3分の2以内、補助対象者が前年度に本補助金の交付を受けている場合の補助率は3分の1以内。

申請方法

申請書類をホームページからダウンロードし、持参または郵送により提出してください。

【申請書類】

(1)産学連携スタート支援事業補助金交付申請書、補助事業計画書、収支予算書

(2)履歴事項全部証明書(写しも可)、納税証明書等、会社案内等の企業概要資料等

(3)その他申請に関連する資料(共同研究等に関する資料など)

パンフレット

申請書等

大学キャラバン隊事業

市内中小企業で独自の技術を持つ企業等を、大学の技術研究者、産業支援機関・金融機関の職員などとともに訪問し、その技術や製品の特色を捉えることで、新たな支援ニーズや事業プランの発掘につなげるキャラバン隊事業を行います。

平成26年度実施概要

今回の大学キャラバン隊では、電子機器の実装メーカーから
医療機器の企画開発メーカーに挑戦している株式会社マーク電子と、
世界で初めて臨床検査薬を開発し臨床検査薬のリーディングカンパニーである
株式会社シノテストを訪問し、企業との連携や産学協同研究の可能性を探りました。

◆日 時◆
平成27年1月16日(金)

◆訪問企業◆
株式会社マーク電子
株式会社シノテスト

◆参加者◆
東海大学
明星大学
横浜国立大学
MPO株式会社
神奈川県
神奈川県産業技術センター
神奈川産業振興センター
公益財団法人川崎市産業振興財団
公益財団法人神奈川科学技術アカデミー
横浜銀行

平成24年度実施概要

平成24年度の当事業は、薬用歯みがき「アパガードM」をはじめ、
口腔ケア商品や化粧品を製造している日本ゼトック株式会社の
研究開発機能を備えた最新鋭の相模原工場と、
新幹線等の車両モーター用銅リングのトップシェアメーカーで、
近年、マグネシウム合金版の製造開発を行っている権田金属工業株式会社を訪問し、
企業との連携や産学協同研究の可能性を探りました。

◆日 時◆
平成25年3月14日(木)

◆訪問企業◆
日本ゼトック株式会社
権田金属工業株式会社

◆参加者◆
公益財団法人大田区産業振興協会
神奈川県産業技術センター
神奈川工科大学
横浜国立大学
財団法人神奈川科学技術アカデミー
公益財団法人横浜企業経営支援財団


コメントは受け付けていません。